OSSへの取り組み(サーバ監視システム(Hinemos))

image

当社はOSS活用に積極的に取り組んでおります。
以下は独立行政法人情報処理推進機構(通称IPA)の委託を受けた秋田県と共同の実証結果です。

oss_08

事業概要

本事業はIPAの2007年度オープンソースソフトウエア活用基盤整備事業「自治体等におけるオープンソースソフトウェア活用に向けての導入実証」として委託を受け、秋田県と共同で実施したものです。

OSSの統合運用管理ツールである「Hinemos」による共通監視基盤の構築が秋田県のシステム維持管理費用の削減に有効であるとの仮説の下、「低コストでのシステム監視の導入」「維持管理業務のベンダーロックイン回避」の実現可能性と効果の検証を行いました。

また、秋田県のニーズである「システム構成情報とシステム運用情報の一元管理」を実現するために「Hinemos」と連携する拡張機能をOSSとして開発し、一元管理の実現可能性と効果の検証を行いました。

参考URL:

拡張機能について

秋田県のニーズに合致したシステム構成管理機能とシステム運用管理機能を、OSSの運用管理ツールである「Hinemos」と連携する拡張機能として設計・開発を行いました。

開発した拡張機能は秋田県の職員によって試験運用を実施し、「システム構成情報とシステム運用情報の一元管理」の実現に向けての知見が得られました。

拡張機能の概要

「Hinemos ver2.3.0」の拡張機能として、以下の機能の開発を行いました。

構成管理機能

「監視対象システムの情報」「監視対象システムの契約に関する情報」「監視対象システムのハードウェアの構成情報」「監視対象システムで使用しているソフトウェアの情報」をリポジトリ情報と連携して管理する機能です。

運用管理機能

運用管理機能はシステム全般に関わる運用情報のうち、発生した障害情報と対応履歴情報を蓄積、管理する「問題管理」のための機能です。Hinemosが検知した障害アラート情報とシステム構成情報を関連付けて管理します。

 

sankou

ダウンロード

ソフトウェア成果物は、以下よりダウンロードできます。

インストール手順書 install.pdf 204KB
操作手順書 :一括ダウンロード operation.pdf 6.36MB
:分割ダウンロード operation_01.pdf 509KB
operation_02.pdf 1.83MB
operation_03.pdf 1.24MB
operation_04.pdf 1.28MB
operation_05.pdf 1.56MB
ソースコード/モジュール hnex.war.tar.tar 434KB

ライセンス

ソフトウェア成果物のライセンスは以下のとおりです。

GNU General Public License